AI(人工知能)とSNS


最近、テレビやインターネット上で大きな話題となっているAI(artificial intelligence)についてお話をしていきますね。

簡単に言うと人工知能というのは、コンピューターによる知的な情報処理システムの事です。

1回、人工知能作ってしまえば、人間の手を離れても自発的に発展していくのが人工知能だそうです。

これって怖くないですか?

人工知能を持ったロボットが自ら考えて行動する・・・

そうすると人間はいらなくなりますね 笑

人間の仕事がなくなります。

現に日本のメガバンクでもリストラが始まってきています。

昨今の日銀のマイナス金利で銀行の収益も落ちてきていますし、人口減少や高齢化によってさらなる追い討ちをかけられているようです。

そうなると簡単に銀行の収益悪化を止めるのは、リストラによる人減らしと、AIによるコンピューターによっての代替業務にする事です。

また銀行での決済や融資の判断をAIになることで業務のスピードも上がります。

銀行だけの話ではありません、株取引にもAI(人工知能)が入ってきていて、外国の、とある証券会社のディーラー100人いたのが3人に減らされているそうです。

それでも、収益は上がっていると・・・

 

最近、メガバンクが次々とリストラ策を発表している。2017年11月、みずほフィナンシャルグループは26年度末までに1万9000人の従業員を削減すると発表した。また三菱UFJフィナンシャルグループは9500人分三井住友フィナンシャルグループは4000人分の業務量を将来的に削減予定という。業務の削減量は3行合計で3万2500人分となる。

左から、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行(写真=iStock.com/winhorse)、三井住友銀行(撮影=宇佐見 利明)

人材サービス大手のリクルートキャリアによれば、2017年上半期に転職希望者として転職サービスに新たに登録した銀行員の数は、前年から約3割も増えたという。銀行を退職する人間が続出しているのだ。

PRESIDENT ONLINE からの引用

この様な業界を変えていくような動きはSNS(social networking service)でもあるそうです。

SNSと言えば、LINE  Facebook インスタグラム 等がありますが

私たちが知らないうちに、入ってきている様です。

友達や家族と何気ないメールやネットショッピングのビックデータによってユーザーの好みを瞬時に人工知能が理解して

そのユーザーにあった情報をスマホやパソコンに映し出すといった事ができています。

これが進んでいくと、買い物に行かなくても自分に必要な商品が自分に送られてくるという時代もきます。

他者との関わり方もスマホを通じてより深くなって、コミュニティを作るのも勝手にAIがやってくれるのでしょうね。

AI(人工知能)とSNSは相性はいいと思います。

怖がるのではなくて、積極的に関わる事で便利で快適な生活を作っていく事が重要です。

robin-bird

偶然にもrobin(ロビン)という、無限の可能性に富んだ素晴しいSNSと出会い応援する事にしました。地方にある田舎の島に住んでいますが、このSNSが普及する事で日本と世界が繋がる事を細々と願っております。robin sns Growchat はAIで動いています。分かり易く皆さまに解説をしていきたいと思います。これから日本が直面するであろう大変な時代に少しでもお役に立てれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

偶然にもrobin(ロビン)という、無限の可能性に富んだ素晴しいSNSと出会い応援する事にしました。地方にある田舎の島に住んでいますが、このSNSが普及する事で日本と世界が繋がる事を細々と願っております。robin sns Growchat はAIで動いています。分かり易く皆さまに解説をしていきたいと思います。これから日本が直面するであろう大変な時代に少しでもお役に立てれば幸いです。