ブロックチェーンって何だろう?分かりやすく解説


ビットコインをはじめとする仮想通貨を支える技術にブロックチェーンというものがあります。

これは、簡単に言うと高度な暗号技術を使ったものです。

仮想通貨はデジタル通貨です。

通貨を使用する際に気をつけないといけない事は

・重複して支払う

・偽造して支払いをする

2点になってきます。

この2点をクリアしたのがビットコインで使用されている暗号技術です。

ブロックチェーンのブロックは、一定時間で取引された情報を時系列でチェーンのように繋げて記録している仕組みです。
ビットコインの取引を書き込む台帳がチェーン状になっているから呼ばれています。

このブロックを参加しているメンバーがお互いに正しいものとして認証しあう事で改竄による二重使用や偽造できない様にしています。

ビットコインに関しては、10分ごとにまとめて1つのブロックとして、それを一括して承認する仕組みとなっています。

最近では、取引量の増加によって、送金する時間がかかりすぎたりしているようです。

詳しくは長くなるので省略しますが、こうしたデジタル化した情報をチェーン状にしておくことで安全な管理を可能としています。これをブロックチェーンと言います。

またマイニングというものも大事になってきます。

マイニングは、採掘という意味です。

つまり、ビットコインをマイニングすると、一番早く計算をした人(ビットコインの取引の承認に必要な計算をする)に新しいビットコインが貰えます。

このマイニングをするためには、高性能のパソコンや莫大な電気代がかかるので、一般の方がやろうとするのは難しくなりつつあります。

マイニングをする人はマイナーと呼ばれています。

お隣の国である中国では、あまりの過熱ぶりに政府が規制に乗り出してきています。

マイニングには電気代が安い所で行うのが基本になっています。

 

この仕組みが現在の法定通貨と大きく異なっている点でもあります。

法定通貨(円、ドル)は各国の中央銀行が管理しています。つまり中央集権

ビットコインは中央に管理者がいないので非中央集権と呼ばれています。

リップル等は中央集権のタイプです。

仮想通貨によって中央集権か非中央集権に別れてきます。

日本では2017年4月に施行された改正資金決済法によって

仮想通貨を不特定の者との間で物品やサービスの購入に対する代価の弁済のために使う事ができる財産的価値

として定義されました。

これによって、通貨に準じた扱いとなりました。

これは通貨とまではいえないが、通貨に準ずるという理解がいいと思います。

 

 

robin-bird

偶然にもrobin(ロビン)という、無限の可能性に富んだ素晴しいSNSと出会い応援する事にしました。地方にある田舎の島に住んでいますが、このSNSが普及する事で日本と世界が繋がる事を細々と願っております。robin sns Growchat はAIで動いています。分かり易く皆さまに解説をしていきたいと思います。これから日本が直面するであろう大変な時代に少しでもお役に立てれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

偶然にもrobin(ロビン)という、無限の可能性に富んだ素晴しいSNSと出会い応援する事にしました。地方にある田舎の島に住んでいますが、このSNSが普及する事で日本と世界が繋がる事を細々と願っております。robin sns Growchat はAIで動いています。分かり易く皆さまに解説をしていきたいと思います。これから日本が直面するであろう大変な時代に少しでもお役に立てれば幸いです。