robin(駒鳥)ってどんな鳥なの?

robin-bird


 

wikipediaからですが

ヨーロッパコマドリ学名Erithacus rubecula、英名:European Robin, Robin)は、スズメ目ヒタキ科である。かつてはツグミ科に分類されていたが、現在では再編されヒタキ科に分類されることが多い。ヨーロッパの文学作品等における「コマドリ」「駒鳥」とは、本種のことである。

ロンドン・タイムズが1960年代初めに行った人気投票でも1位になるなど、イギリスでは特に馴染み深い野鳥の1つであり、政府などから正式に制定されてはいないが一般に国鳥とされている。

 

日本では、馴染みのすくない鳥ですがイギリスでは国鳥となっています。

また、robin(駒鳥)はキリスト教と深い民話が多い小鳥です。

アジアにはコマドリ(robin)の民話がほとんどないのですが、ヨーロッパではキリスト教に関わる民話が数多く残っています。

wikipediaより

・民話1十字架に架けられたイエス・キリストの苦痛を少しでも和らげようと茨の冠の棘を引き抜き続け、キリストの血で赤くなってしまった。

・民話2煉獄で焼かれている死者を気の毒に思い水を運ぼうとして焦げた。

・民話3聖母マリアが生まれたばかりのキリストと一緒に馬小屋で寝ている時、暖を取る為の火が消えかかって居るのを見て、コマドリが一晩中羽ばたいて火をおこしたが胸や頭が赤くコゲてしまった。

 

 

かわいい鳥ですね。 癒されますね。

イギリスでは、男女の名前にrobin と付けられる事が多いみたいですね。鳴き声が馬に似ていることから、こまどり(駒鳥)という名前になったと言われています。

ヒンカラカラ〜

と鳴きます。

雀と同じぐらいで大きさ14cmほどの鳥です。

 

 

robin-bird

偶然にもrobin(ロビン)という、無限の可能性に富んだ素晴しいSNSと出会い応援する事にしました。地方にある田舎の島に住んでいますが、このSNSが普及する事で日本と世界が繋がる事を細々と願っております。robin sns Growchat はAIで動いています。分かり易く皆さまに解説をしていきたいと思います。これから日本が直面するであろう大変な時代に少しでもお役に立てれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

偶然にもrobin(ロビン)という、無限の可能性に富んだ素晴しいSNSと出会い応援する事にしました。地方にある田舎の島に住んでいますが、このSNSが普及する事で日本と世界が繋がる事を細々と願っております。robin sns Growchat はAIで動いています。分かり易く皆さまに解説をしていきたいと思います。これから日本が直面するであろう大変な時代に少しでもお役に立てれば幸いです。